Sponsored Link

その他

【大分県】別府は温泉だけじゃない!魅力的な公園3つ+α

投稿日:2018年8月28日 更新日:

こんにちは、あべにうむです。

何を隠そう私、実は「おんせん県」として有名な大分県に住んでおります。

 

突然ですが、別府といえば何を思い浮かべますか?

基本的には温泉に関係することが多いのではないでしょうか?

そうなのです!大分県が誇る別府市は温泉はもちろん食文化も素晴らしく、更に山と海に囲まれた立地ゆえに風光明媚(ふうこうめいび)な観光スポットがたくさんあります。

 

しかし、観光客に特化した街というだけではありません!

 

今回私がお伝えしたいのは、別府市が誇る【公園】の素晴らしさです。

何故公園なのか?そう、あなたの想像通り、別府市はファミリー向けの公園も充実しているんです!

 

本日は私もよく行く、超オススメの公園3つをお伝えしていきます。

1.別府公園

2.南立石公園

3.地獄鉄輪地帯公園

 

いずれも特徴がかぶらない、個性のある素晴らしい公園なのです。

 




別府公園

別府市が誇る最強の公園です。

画像引用元:大分県観光情報公式サイト

 

その広大な敷地ゆえ、常に様々なイベントが行われており家族連れやカップル、友達同士で楽しめる公園です。

冬になるとイルミネーションでライトアップされ、幻想的な雰囲気になります。

もちろんイベントをやっていない日もありますので、そんな時は子供と一緒にだだっ広い広場でサッカーしたり、恋人とベンチに座ってランチしたり楽しみ方は色々あります。

また、中央の広場から道を外れると散歩コースが広がっており、一人でフラッと散歩したりジョギングしたり鴨をながめたり竹を鑑賞したりと、とにかく色々なものがあり幅広いユーザーに愛される公園となっております。ただ、たまにホームレスが居たりするので注意です。

我が家では、お祭りがある日は屋台で宇佐から揚げ(※)を食べながらバター作り体験をしたり、なにも無い日は息子とサッカーやキャッチボールしたりと、親子で遊びたいときはこの公園に来ております。

※宇佐からあげとは

唐揚げ発祥の地、大分県宇佐市で生まれた唐揚げのこと。

宇佐市には唐揚げ専門店が軒を連ねており、ちょっとした戦国時代を彷彿とさせている!

筆者も唐揚げに惹かれ聖書(唐揚げガイドブック)を片手に車で回ったが、その独特な街並みと住人の人柄の良さゆえに全てを回りきるのに数か月を要するとの計算がなされた。

からあげについてもう少し厳密にいえば、宇佐からあげ派と中津からあげ派に分かれており、宇佐は塩系。中津は醤油系が強い印象。しかし正直どちらもうまいので両方食べるのがジャスティスとなっている。

以前、中津市にはあのケンタッキーフライドチキンが店舗を構えたことがあったが、あまりの地元民の唐揚げ愛の強さに流石のケンタッキーも裸足で撤退したという逸話があるほど!

その事実を2014年に公開された、元モーニング娘。リーダー高橋愛の主演映画「カラアゲ☆USA」でもそれっぽく描かれている!

ちなみに筆者の住む大分市では普通にケンタッキーが軒を構えているぞ!大分市は「とり天」がソウルフードなので微妙に競合じゃなかったってことなのだろうか?

春になったら、桜とチューリップが同時に見れて最高です。
駐車場も有料ですが多く停められるのでアクセスもしやすいです。
ただし、イベントの時は人が殺到するので「早すぎるかな?」というくらい早めに行かないと臨時駐車場探しをする羽目になります・・・。

 

スポンサーリンク

南立石公園

別府公園の付近にほどなくして現れる、別府市でナンバー2に広い公園です。

別府公園に比べると遥かに地味です。特ににぎわう要素はありません。では、何がオススメなのか?

それは「完全にダンジョン」ということです。

とにかく道やら橋やらが細かく入り組んでおり、ファンタジーRPGで中盤くらいに出てきそうな厄介なダンジョンを想像して頂ければ分かりやすい(?)と思います。

このダンジョンの楽しみ方として「俺ロード」を生成出来ることです。

あまりの道の多さゆえに、散歩及びジョギングをするにあたり好きな経路を色々と作れるということです。毎日同じ道を歩いてもいいし、違う道にしてもいい。また、行くうちに「こんなところがあったのか」と気づく楽しみもあります。

しかし、結構うっそうとしているので虫よけスプレーなどの対策をしていった方が良いです。

なお、東側に出ると橋の上から美しい鶴見岳を拝むことも出来ます。

 

それと、あまり有名ではありませんが「ザリガニ釣り」が出来ます。これ、もっとアピールした方がいいと思うのですが、入り口に存在する分かりづらい園内マップに、池があるのですがそこに辿り着くとザリガニが釣れるエリアがあります。

一度だけ行けたことがあるのですが、地元民が糸を垂らしてワイワイ楽しんでいました。なんかすっごい釣れるらしいです。なかなかザリガニが釣れるスポットって聞いたことがないので、これは珍しいのではないでしょうか?しかも別府市の割と中心部で。

エサは「ちくわ」でいいらしいので、機会を見て息子とキャッチアンドリリースしに行こうと考えています。

地獄鉄輪地帯公園

ざっくりで遊具エリア、林エリア、ドッグランエリアの3つのエリアに分かれています。大きめの遊具があるので、思い切り子供を遊ばせたい時はここに来ます。

写真は、平日の11時頃撮ったものなので誰も居ませんが、さすがに休日は子供連れでいっぱいです。

映っていませんがブランコや小さい車(動かない)があり、息子に無理やり助手席に乗せられてタクシーごっこをするのが通例になっております。子供がもう少し大きくなったらソリを買って丘の上から滑りたいですね!

先日行って驚いたのですが夏場は霧を噴射させており、ちょっと涼しくなっていました!

残念なことに若干遊具が濡れてしまっていましたが、子供はおかまいなしに遊ぶので熱中症が気になる親も安心です。あとは公衆トイレをもう少し清潔にしてもらえると良いのですが^^;

遊具で遊び飽きたら林エリアをダッシュで駆け抜け、ドッグランエリアへ犬を見に行きましょう。それなりのスペースなので、いつ来ても地元民が犬を走らせている光景を見ることが出来ます。子供は喜びます。犬を飼っている方も、ここのドッグランはおすすめです。今まで見た限り、変な感じの人がいなかったので楽しめると思います。

 

スポンサーリンク

終わりに

本当は田ノ浦ビーチ内にある公園も紹介したいところですが、ここはビーチと人工島がメインと思っているので止めておきました^^;

今回の記事でお分かりいただけたと思うのですが、別府は公園レベルも高いんです!そのため、大分県には別府を愛してやまないBEPPERが各地に存在します。私の妻も漏れなく該当しております。

別府グルメに舌鼓を打ち、公園でしんけん遊んで、温泉で汗を流す。最強の構図です。最近では外国人観光客も増加の一途をたどり、常に賑わっている別府ですが県内外を問わず楽しめるスポットはたくさんあります。

今回は公園について書かせていただきましたが、あくまでも「温泉以外にも魅力的なスポットがある」という事をお伝えしたかったのが目的でしたので、よければこれを機に「別府」という町に興味を持っていただけるとうれしく思います^^

ふるさと納税サイトでは、微妙な返礼品しかラインナップされていないので「微妙な県なのでは?」と誤解を生みやすいのですが、唐揚げやとり天などのB級グルメも普通においしいです。

ゆるい一日を送りたいと思った時は別府を思い出してみてください。きっとあなたの一日をゆるくしてくれますよ。

Sponsored Link
Sponsored Link

-その他
-

Copyright© セミリタイアの男 , 2019 All Rights Reserved.