Sponsored Link

その他

お風呂で乾燥肌対策!子供や赤ちゃんにオススメの入浴剤とボディソープ

投稿日:2018年11月22日 更新日:




段々と寒くなってきて、冬の乾燥シーズンがやってきますね。
現在、どのような乾燥対策をされていますか?

赤ちゃんが居れば加湿器など付けてる家庭も多いですよね。
でも加湿器を子供に倒されたり、赤ちゃんがよいしょ!ってされちゃったり、何かと大変。

そこで我が家で実際に使っている、お風呂で出来る対策をご紹介いたします。

 

丹平製薬「アトピタ」

メーカー:丹平製薬
薬用保湿入浴剤
ボトルタイプ:500g 1400円
詰替えタイプ:400g  980円

 

私の家庭では、詰替えタイプを約1か月で使い切るので、
1回約15g(約36円)使用しています。

粉自体はすぐには溶けないため、
お風呂に入れた後に少しかきまぜて下さい。

 

色は薄緑色で、香りはありません。

 

マザーズセレクション大賞も受賞している実績があり
実際にその使い心地は気に入っています。

なお、お得な詰め替え用はこちらです。

粉タイプとローションタイプがありますが、
粉の方が何となく効果があった気がします。

子供が気に入った方で選ぶのもお風呂が楽しくなって良いですよ。

我が家では、長男が粉をお風呂に入れるのが大好きなので
粉タイプにしています。

 

スポンサーリンク

ミノン「薬用スキンソープ」

メーカー:第一三共ヘルスケア
薬用スキンソープ
1個:80g 711円

 

CMでも流れているので、愛用されている方も多いのではないでしょうか。

おすすめは固形せっけんです。
その理由は泡タイプよりも保湿力に優れているためです。

「固形せっけんなど古臭い」という方もいますが、
一度試されたらその違いが分かると思います。

 

スキンソープと、薬用スキンソープの違い

薬用は通常のスキンソープに加え、肌荒れ防止があります。

ミノンスキンソープもミノン薬用スキンソープ(旧・ミノンDスキンソープ)も使い方は同じです。

ミノン薬用スキンソープは、有効成分(肌あれ防止成分:グリチルリチン酸アンモニウム/アラントイン)を配合した医薬部外品で、

にきび、かみそりまけ、肌あれを防ぎます。

----公式HP よくあるご質問より引用---

にきびや、カミソリ負けも防止してくれるので、大人にも使えます。
そう考えると薬用の方が使うシーンが多くてお得ですね。

尚、通常のスキンソープは590円なので、121円安いです。

実用性をとるか、価格をとるかは悩みますが
出来れば赤ちゃんには、しっかりと対策をしておきたいですね(*^.^*)

 

ノブ「ソープD」

メーカー:ノブ
1個:100g 1,080円

こちらも固形せっけんです。

ミノンと比べて、少し成分が違います。
私の息子は、ミノンせっけんで洗うと何故か肌が荒れてしまいました。(娘は逆にソープDが合いませんでした)

色々なせっけんを試した結果、ノブ「ソープD」が一番合う事がわかり、
今まで息子用のせっけんとして愛用させてもらってます。

 

若干お高いですが、せっけん自体が柔らかいので
泡立てる際にあまりゴシゴシせずに少量で泡立つので長持ちします^^

泡立て用タオルは100円ショップでも売っているので、あまり高いものは買う必要は無いと思います。

 

 

スポンサーリンク

まとめ:早めの乾燥肌対策でストレスを回避しよう

子供、特に赤ちゃんは肌が弱く敏感です。
早めの対策をしていかなければ炎症など起こして大変になります。

乾燥する季節などは、色々なシーンで気を使っていけば
肌トラブルでの受診回数も減るので、積極的に対策しましょう!

 

ちなみに薬局やディスカウントストアで取り扱っていますが、
探すのが面倒なことと、クレジットカードで購入するとポイントが入るので
Amazonでまとめ買いしてます^^

 

よく使う消耗品だからこそ、お得に買い物したいですね!
赤ちゃんから乾燥から守りつつ、家計も守れて一石二鳥です。

 

今回ご紹介したほかにも、良い入浴アイテムがあれば追記していきますので
よろしくお願いします^^

Sponsored Link
Sponsored Link

-その他

Copyright© セミリタイアの男 , 2021 All Rights Reserved.